ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

佐々井秀嶺、一向一揆、大乗仏教

佐々井秀嶺という人がいる、ネットニュースで知った 破天荒な性格で、日本の仏教界に住めず、タイに行くも問題を起こし、逃げるようにインドに 問題は、そのインドではまり、今はインド仏教の頂点に立ったのだ、日本人でありながら つまり少数派の仏教徒、そ…

あっという間、初めての店

朝に通りかかった奥さんに、声かけた 午後に、店を開くよ、と3時にピンポンが ま〜だ〜、と朝の奥さん 友達まで連れて来た慌てて出した 目立つビーチパラソル キャスター付の台に、メークイン、中玉トマト、ミニトマト 自作のA型看板 添え書きも、書いておい…

宗教、瞑想、芸術

だんだん形を成して来たが、まだ言葉には遠い・・・ 宗教の根幹の話であり、恐らくそれは一つなのだろうが、今の私は便宜的に二つに数えている一つは宇宙の意思、とでも言うべきものだ 何故人間は存在しているのか、そもそも宇宙は何故存在しているのか、と…

片岡鶴太郎が、離婚

片岡鶴太郎が離婚との記事 芸人から始まり、ボクサー、画家、書家、そして今はヨガに傾倒し、内蔵筋迄動かせる、とそこ迄突き詰める凝り性、気になる家庭は案の定、妻とは29歳から別居、60を迎え、子が独立し、今回の塾年離婚との事 へぇ〜、と思った、似て…

台所用天秤ばかり、自作した

台所用の秤、買いに行ったら結構高かった それに、家にもかつて数台あったが皆壊れた印象がある そこで、自作した ハンガーに、左は網袋にナス、右は醤油のペットボトルの上を切り紐で吊るした ペットボトルに、釣り合うまで水を入れ、その水をカップで量る …

教育は、人質

定年になり、別荘に住み、畑を耕していたら、見えてくる事が幾つかあった 最初に気が付いたのは、そもそも何で働いていたのか、だ今迄、働き、金を得るのは義務とも当然とも思っていたが、とんでもない間違いだった 自分で畑を耕していれば、生きていけるの…

中央高速の八ヶ岳SAと、ヨーロッパ

中央高速はよく利用する 昼になり、八ヶ岳SAに寄った 意外と、初めてだった その八ヶ岳SA、お洒落で吃驚した 乳製品の牛乳やヨーグルト、器も値段も雰囲気も見た事が無い、高級感ありあり ソーセージやベーコンも、ひと目で分かる本物志向 パン屋さんも有り…

仏教は、宗教ではない!?

以前のブログで、一向一揆を書いた http://ondonpi.hatenablog.com/entry/2016/11/07/071700 これは、日本で土着化した仏教が、歴史のひとコマで放った光芒を、垣間見たものだった 今回は、そもそもブッダが考えた事、やろうとした事に付いて、考えたい と、…

裏銀座縦走、マタギの夢の跡

裏銀座を縦走した 筋肉が締まり、血流と汗、最上の快感ただ・・・ 稜線歩き、なんぼのもの!? 景色は一等、見晴らし最高、その通りだが、それだけの物、生活ではない つまり気晴らし、遊びだ 生活は森の緑と、沢の水にある三俣山荘の本、黒部の山賊 森と沢を…

甘いコーヒー、完成

念願の甘いコーヒー、遂に完成、安定した! 何、難しい事は無い、85℃以下の湯で淹れれば、誰でも出来るこの温度を得るのも、難しく無い 鶴口ポットの湯が湧いたら、カップに注いで冷まし、ポットに戻せば85℃位になっている筈だ カップも温められるし、一挙両…

アイヌと縄文と蘇我氏

うる覚えの記憶二つ、の話 しかし数ある説を乗り越えて、私の頭から離れない説二つ、の話である一つはロシア人だったか、うる覚えだが、江戸時代後期に日本を探索したその手記に、本州を挟んで、沖縄とアイヌは似ている、と残している 小顔で丸顔、彫りが深…

地方創生

地方創生の掛け声はよく聞くが、成功しているとは思えない 地方と東京の問題を、深刻に善良に苦悶している人も多いのではないだろうか その地方の収入、田圃の収入、何も知らなかったが、最近目が覚めた米は反収8俵、単価は店頭で1.6万円として、反収金額は1…

美しき、麦秋

見渡す限りの麦畑、何と感動的だろう 感動したのは美しさの他に、二つ理由がある 以前麦を作りたいと言ったら、人に雀に喰われるよ、とあざ笑われた ところがこの麦、その穂、手に取れば、何と立派でたわわな事か あの言葉、雀は嘘だったと、嬉しさがジンと…

柿の木の剪定

下は柿の木の写真だ 何が珍しいか? 実はこの木、70年ほど自然天然に育っていたのを、植木屋さんが強剪定し、2年かけて整枝し整形したものだ 昔々、ある植木屋さんが言っていた、柿を剪定なんかして、実は成るのか?、と それ以来、柿は剪定してはいけないもの…

畑と草

草は、畑の大問題だ 私の畑は7畝ほどで、家庭菜園より大きく、プロとは比較にならない、そんな規模の、草対策の話になる最初、黒いビニールシートをかぶせたが、それでも草は生えてきて、ビニールを下から持ち上げる その草取りはビニールを一々めくらねばな…

皇統譜

以前出雲神話を書きました その7章神武東遷の最後に、以下の文章、皇統譜のおさらいを挿入しようかと思います書記は、 初代神武、十代崇神、十二代景行天皇の皇子日本武尊、そして十五代応神天皇と並べます学者は、 神武は居なかった、或いはその事績が崇神…

コーヒーは、甘い!

コーヒーを甘いと言えば、びっくりするだろう 数日前に、自分で淹れたコーヒー、後味が甘かった、初めての事でビックリした ちなみに、人が料理を美味しいと云うのは、その究極に甘さが有るからだと思う 勿論、甘い砂糖の、子供の味覚から進化して、野草の苦…

沖の島と、廃憲

世界遺産で沖の島が取り沙汰、とか 宗像水軍の総社ですね 大国主命や神宮皇后が、共に見た 夢のよすが、夢のなごりですもう一方の最近の話題、憲法です 世間は改憲・護憲を言うのでしょうが、 私は廃憲を言いたいですねイギリスにも憲法はありません その代…

夏野菜の、芽出し、苗作り

スーパーから発泡スチロールの箱を貰い 7W電球をグローブで包み、中に入れれば、温室・温箱になる 温度は、電球のワット数を変えたり、発熱電球を使って調節し、夏冬に対応する 豆腐のケースを取っておき、これにペーパータオルを切って底に敷き、ヒタヒタの…

玄米餅米で赤飯

失敗になるが、最初は焚いた 玄米なので、びっくり焚きで試みた びっくり焚きとは、最初同量の水で焚き、水が飛んだら再度水を加えて焚く 一方、あらかじめ小豆を茹で、豆と水を濾して分けておく 二度目にびっくり焚きする時に、小豆を加え、その茹で汁で焚…

インナーマッスル、おしゃれ、スポーツ、音楽、小脳が気持ちいい事

樺島勝徳氏の禅体操、これを自分のエクササイズにして、もう十年以上になると思う 膝痛、腰痛、肩痛、踝痛などは勿論、花粉症に迄効果があったからだが もう一つ、快感が有ったから、続いたのだと思う この禅体操の途中から、体が軽く、しなやかになり、若返…

瞑想

最初、瞼が腫れた 次に顔半分が腫れ、眼がとび出した その形相、お岩さんそのものだった (後で思ったが、お岩さんはガンだと思う、その症状、私とそっくりだ)3/14、近くのひらと眼科医院へ行った 眼の周囲を触診してポツリ、目の奥にしこりがある、と 驚き、…

小脳とオーダーYシャツ

あの後、ユザワヤへ行った 30年ぶりにYシャツを造りたい、と 多過ぎて見るだけに終わったし 元より、明日の花見には間に合わない今回の事で、何かを感じ、何かが変わった ただ生きる物、ひたすら生きる物は、輝いているんだね 野球少年、遊具の幼児、菜の花…

よすが

ありがとう塁とママ、一緒の道志、楽しかった 紗千も、気にかけてくれた ママには、すげなくした 嫌われていると、思い込んでいた眼科医院、労災病院、がんセンター 紹介状の嵐、矢のようだった 覚悟した胸が苦しく空気を求め多摩川へ 少年野球の掛け声、 遊…

脳腫瘍

眼窩腫瘍、ではないかと思う 医者は、かたく口を閉ざすが眼球を納める空洞、これを眼窩と言うらしい その後方部で、眼球を操る 筋肉や神経や涙腺があるのだろう そこで発生する癌のようだ症状もネットで見ると まぶたが腫れ、 目が押されて飛び出し お岩さん…

農作業と物置

畑を作りだすと、物置や作業小屋が欲しくなる 道具、収穫物、肥料等、家の中や納戸には、大き過ぎたり多過ぎたりで入らなくなるし、肥料など入れたくない物もある で、作った、お隣さんから貰った廃材だけで 一間の長さの細板だけで、4本の柱と上下の横板と…

籾殻燻炭のこつ

冬の風物詩、三年目だ 今回初めて、うまく行った、と思った 最初のコツは、風の無い日を選ぶ事だろう、風に籾殻が飛ばされる、当り前の話 次は、点火の工夫だ 枯木と新聞紙、これを土の上や、私の場合はトタン戸の上で着火するのだが、風があれば勿論、無く…

生ゴミはどうしてますか?

以下は、小さな小さな、生活の知恵 生ごみの処理の方法です 図のトレイは、プラバケツの底を切り取ったものです 小さな洗面器や植木鉢の皿でも良いでしょう 口が広く浅ければOKです これに、 白菜、キャベツ、人参、ジャガ芋の皮等などの生ごみを、シンクに…

草取り、草削り

中央の棒の両側に、畝が2列ある 左側の畝は、春の草にびっしり覆われている 右側の畝は、平鍬で削り取られ、土が見えている よく見れば、 畝の天辺が残り、両側が削られている この畝2列とも、らっきょうが植えられ冬を越したのだが、春を迎えた今、このま…

芋洗

盥に、ジャガ芋や里芋を入れて、水を張ります そこに丁度の幅の板を刺し、揺すります 芋も多いと、一個一個洗うのは不可能になってきます 上の方法だと、腰を屈める事もなく、楽ちんです (もっと多い場合は、竹で編んだ樽に入れ、これを流れに浮かべて水車と…