ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

料理

甘いコーヒー、完成

念願の甘いコーヒー、遂に完成、安定した! 何、難しい事は無い、85℃以下の湯で淹れれば、誰でも出来るこの温度を得るのも、難しく無い 鶴口ポットの湯が湧いたら、カップに注いで冷まし、ポットに戻せば85℃位になっている筈だ カップも温められるし、一挙両…

コーヒーは、甘い!

コーヒーを甘いと言えば、びっくりするだろう 数日前に、自分で淹れたコーヒー、後味が甘かった、初めての事でビックリした ちなみに、人が料理を美味しいと云うのは、その究極に甘さが有るからだと思う 勿論、甘い砂糖の、子供の味覚から進化して、野草の苦…

玄米餅米で赤飯

失敗になるが、最初は焚いた 玄米なので、びっくり焚きで試みた びっくり焚きとは、最初同量の水で焚き、水が飛んだら再度水を加えて焚く 一方、あらかじめ小豆を茹で、豆と水を濾して分けておく 二度目にびっくり焚きする時に、小豆を加え、その茹で汁で焚…

生ゴミはどうしてますか?

以下は、小さな小さな、生活の知恵 生ごみの処理の方法です 図のトレイは、プラバケツの底を切り取ったものです 小さな洗面器や植木鉢の皿でも良いでしょう 口が広く浅ければOKです これに、 白菜、キャベツ、人参、ジャガ芋の皮等などの生ごみを、シンクに…

玄米と鍋

以下は右から左へ、玄米を焚いた鍋の歴史だ ネットや評論家とは、多少異なる 結論を得たので記事にしてみる

キュウリは早い、あっという間に

キュウリは、二日も目を離すと、あっという間に巨大化し、 中の種がしっかりと結実し、食べられなくなります 皆さんは、どうしていますか?

玄米の、びっくり焚き、イタ飯焚き

初めてのびっくり炊き、一合の米、一合の炊き水、一合のびっくり水 どの時点でびっくり水を加えるのかが分らなかったが、沸騰、泡立ち、蟹穴になった時で良いようだ 味と固さだが、やはり柔らかい、水分多めの普通炊きとは大違い、圧力釜とは雰囲気は違うが…

ラザニア、20分

ラザニアを作ります 二つのソースとお湯の準備ができていれば、茹でて5分、オーブンスイッチと皿に盛って5分、オーブンで10分、合計20分です トマトソース二人分は、ニンニク1片、タマネギ1/2個、ニンジン1/2本、トマト缶1本、ブイヨン、塩コショウ、こ…

ピザ焼き、15分

ピザ焼き・・・、その方法が漸く決まったかな? ピザ玉と具材が用意できていれば、個人で、平均以上の味で、15分でできる方法

コーヒー、焙煎してみた

自作のロケットストーブペール缶二つをくりぬき、煙突をL字型に通し、間には軽石を詰める下の焚口で燃すのは、小枝でよい、これを拾ってくるこの特徴は、完全燃焼する事だだから、煙も出ず、小枝が十本~二十本で、1時間は持つ