読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

楽チン草取り、簡単畝はつり、糸川式

今日は4月の中頃、畝にびっしり、ハコベの草削り作業を、糸川式でやった
畝の草を、平鍬ではつって通路に落とし
次には通路の草を削って、チャーハン状になった土と草を、畝に戻す
この時、畝を直したり高くしたりの、補修もできる
(この写真は、ビフォー)

f:id:ondonpi:20160423111622j:plain

 さらに言えば、糸川氏は最初から完全な畝を作ろうとするな、と

氏は完全を、思っても求めてもいない、状況に合わせての融通無碍
畝はつりを今日行い、通路削りは明日でも来週でも、これも融通無碍
改めて思うが、作業も精神も、すこぶる楽チンなのだ
 
他方、川口氏は、草の根と茎の境を、地表すれすれ、鋸鎌で切る
草はそのまま放置し堆肥化を待つ
腰をかがめての長時間労働だ
実は堆肥とは、集め、積み、醸し、撒き、混ぜるの全過程、重労働なのだ
草をその場で堆肥にする、考えは同じだが、労苦には雲泥の差がある
その為、この方法だと、家庭菜園規模しか対応できないと思う
 
次にこの糸川式、畝にも特徴がある
先ず畝とその通路は、合わせて6尺取る
その内3尺は通路、広いのだ
この広い通路のお陰で、色んな作業が楽になる
残る3尺に畝を作るが、その畝の中央に細い溝を作る
つまり、2本で1対の畝をたくさん作り、これで畑を構成する
その細い溝に、畝表面をはつった草を落とす、通路側と同じだ
然る後、必要に応じてこの溝も削り、チャーハン状の土と草を畝に盛る
 
さて、糸川式に少し足したい
安曇野の竹内氏が言う、根本根圏、自立根圏、共存根圏だ
糸川式で、畝の表面をはつったとしよう、けれども苗の周り、野菜の直近は危なくて鍬が当てられず、草が残る
これは草取鎌か鋸鎌で取るしか無い
 
この時通路が広いと、作業は天国!
ホームセンターにはゴム車がついた、農作業用の椅子がある
これで広い通路でのびのびと、且つ楽チンに草取りができる
ついでにこの時太陽も注意、帽子はダメ、昔の笠がいい、涼しいのだ
もう一つ、実はこの時なのだ、重大な発見をするのは!
苗や野菜、その生態をつぶさに発見するのは、この時なのだ!
色んな事、教えて貰った
その楽しさで、野菜作りが、百姓が、今も続いている
 

草生栽培と云っても、苗の周りの草はやはり敵なのだ

と云うか、私が畑を初めて、1ヶ月もかからなかった、単純な草生栽培はおかしい、と

驚いたのは、福岡氏、川口氏等のお弟子さんだ、師と異なる事は言わない、言えない世界のように見えた、これはおかしいでしょう

竹内氏も自然農法からスタートしたと思うが、ガチガチではない

根本根圏は双葉の下で、根の赤ちゃんが育つ所、自立根圏は生い茂った葉の下、共存根圏はその外部と分け、根本根圏と自立根圏の草は取るべき、その草はマルチに、と言っているように聞こえます

 

さて百姓と野菜にとって命とも言える、堆肥や籾殻薫炭
この施肥作業も、攪拌の為に畝を耕すのも、実は重労働だ
糸川式では、この細い溝に、堆肥を手箕からこぼしながら歩く
そして草削り作業の時に、堆肥は溝から畝に盛られる
つまり施肥作業が、自動的に進行してしまう
腰をかがめず、立って鍬をふるうだけの、軽作業に変化する
これでやれば、1反の畑なら、自然農法で可能ではないか、と
(今の私には、これ以上になると、久松氏の方法になると思う)
 
(下の写真は分りにくいけど、草削りのアフター)

f:id:ondonpi:20160423111903j:plain

余談だが、私の畑と言うのは、20年間放棄された原野だった
草丈は背を越え向こうが見えず、野イバラとクズの根を掘り、開墾した
全部刈り倒し、見渡した時、西部開拓史かと思った・・・
その後も、スギナが密生し、人は私の畑をあわれんだ
私にとっては、そのスギナも他の草と一緒に作業が出来、ノープロブレム
加えて、籾殻薫炭を施せば、土壌の酸性がアルカリに転じ、消滅した
そして次の年、畑一面、畝一面、びっしりとハコベの絨毯
対するよその畑や隣の畑は、冬越しの白い枯れ草、白骨死体に見えた