読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

西洋医学とは

盛大な定年のお別れ会、有難い事でございます
 
皆様のほかにもう一つ、感謝を申し上げたいのは、会社に対してです
私のような何の能力もない者を、雇ってくれ、給料をくれました
家を持ち、妻を持ち、子を養いました
奇跡に近い事と、本当に感謝しています
 
また、こんな奇跡は、一人、会社だけの力でしょうか?
はい、戦後日本の舵取り、戦後政治家の確かさであります
それが心底、有難いと思うのです
日本の長い歴史を振り返っても、これほどの期間続いた平和と豊かさ、稀有ではないでしょうか?
 
さて定年を迎えると、人は立ち止まり、後ろを振り向く物なんですね
私、ゾッとしました、自分の足跡が無いのです
会社の足跡はある、日本国の足跡もある、でも自分の足跡は無いのです
給料を貰って働く労働契約だと思っていましたが、どうも奴隷契約だったようです
なので、残り短い余生を賭け、明日から自分の足跡を作ろうと思います
少し時間を頂いていいですか?
今、足跡を、言いました
そこで質問です、さて皆様、皆様には足跡がありますか?
定年になって振り向いた時、足跡はできているでしょうか?

 

このような事を言うのは・・・
私は医学部に来て、腰が抜けるほど驚きました
それは西洋医学では病気は治していない、と知ったからです
西洋医学で治るのは、伝染病と手術だけです
他の病気は、対症療法のオンパレード、症状のもぐら叩きです
西洋医学はいつから、こんな学問になりましたか?
原因を探り、理由を明らかにし、根本から直すのが西洋医学だったのではありませんか?
杉田玄白は、もぐら叩きをやりたくて、志しを立てたのですか?
 
治療費とは本来、病気が治った事に対する成功報酬です
どうして治らない患者から、金を取れるのでしょうか?
それは誠に見事な、戦後政治家の、戦後国造りのお陰です
立派な保健制度と、医師国家試験の賜物です
検査と、診断と、対症療法だけで、保健の金が降ります
医者は病気が治るなどと、はなから思っていません
たった1割の金しか出さない患者は見ていません
90度横の、国の方角、保健の方向を見ています
そこには、お金の自動販売機があり、患者が持ってきた保健証を咥え込ませると、ジャラン、ジャランと9割のお金が降って来るからです
この制度、昔は1割だったのが、おかしくなって最近は3割とか
こんな物、とっとと潰れてしまえば良いと思います
その時こそ、医者と患者の真剣勝負が始まります

 

さて、病気が治らないもう一つの理由があります
それは、西洋医学だからです!
何を言っているかって?
では、質問しましょう、皆さまの仕事は何ですか?
病気を治す事だ・・・
はい、さっそく答えが出ました
治すという言い方は、その対象が間違っているという事ですね
ここに、間違っているのは病気であり、体と自分は正しいという思い込みがひそんでいます
さて、間違っているのは、病気ですか、体ですか?
病気は正しいのです、体が間違っているのです!
病気は、間違った体に、きちんと正確に発症するのです
治すべきは、体なのです、病気ではありません
スタートから方向が狂っていませんか?
 
さて・・・、この話、何かに似ています
西洋人です
自分の宗教は正しい、異教徒は間違っている、従って戦争して良い
自分は進んでいる、植民地は遅れている、従って征服して良い
自分は主人である、自然は奴隷である、従って搾取して良い
これがキリスト教の、一神教の真髄です
我々は、自然科学は公明正大、無色透明だと教わりました
とんでもない嘘です、自然科学はキリスト教のなれの果ての姿です
元々の宗教が時代に合わず、自然科学に姿を変えたのです
自然科学の家来である西洋医学も勿論、なれの果ての学問です
自分が正しいと思っている限り、真実が見える筈がありません
これが病気は治らず、対症療法になる理由です
 
本日は誠にめでたい日です
このめでたい日を記念して、西洋医学の教科書を捨てましょう
そして、西洋医学の治療ではなく、保健の治療ではなく、国の治療ではなく
明日からは、自分の頭で考えて治療するのです!
そして、自分の足跡を作りましょう!