ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

ノブヒェン窯でピザ焼き、高価なオーブンよりグッド

オーブンです
数々の失敗、漸く最終駅に辿り着きました
 

f:id:ondonpi:20181126133930j:plain

[電気オーブン]

高額なオーブンレンジは、さすがに買いませんでした
あの機械は何かおかしい、という健全な予感は有りました
しかしデロンギの電気オーブン、これを買ってしまいました

f:id:ondonpi:20170912133938j:plain

大失敗でした
下火が弱すぎて、使い物になりません
ピザストーンを温める力さえないのです
仕方がないのでバーベキュー鉄板で下焼きしてから、デロンギで上焼きと、二度手間の地獄でした
二度手間はバカバカしいので、ピザストーンを諦め、バーベキュー鉄板を30cm径に切り抜き、これに換えたら少しましになりましたが、気持ちは離れてしまいました
設計ミスに嫌気がさし、その電気にも見合わない、と思うようになったのです
 
[ピザメーカー]
次の失敗はフカイ工業の、さくさく石窯ピザメーカーFPM-160、でした
下火は強かったのですが、ピザストーンを予熱する方法は同じです
この手の問題の共通点は、上と下の焼き具合のバランスをとる事です
ピザストーンは予熱しても、温度上昇にはカーブがあります
最初蓋を開けたままピザ下面を焼き、頃合いを見て上蓋を閉めて上を焼く
ストーンは段々熱くなるから、初めと終わりでは上蓋を閉めるバランスを微妙にずらして行く、これも難しく鬱陶しい
そして何より、まずかったのです
蒸したような味で、これではピザと言えません
そもそもピザは、下はカリッと、上はもっちりと、これでなければピザではありません
この為上蓋の裏に、ガスコンロのアルミカバーを形に切り抜き、ねじで苦労して貼り付けました
これが反射板になり、味は改善しましたが、気持ちは離れていきました

f:id:ondonpi:20170912134035j:plain

調節が面倒過ぎるのと、大量の消費電力はやはり、疑問です
 
[魚焼き]
ネットではガス台に付属する魚焼きロースター、これでのピザ焼きが賑わっています
勿論欠点は20cm程の、小さなピザしか焼けない事でしょう
本格的なガスオーブンが最終解決なのは知っていますが、金を出せば成功するのは当たり前、私には興味がありません
 
[ピザ窯]
(話はぎりぎり内側かと思いますが)
ピザ窯です
ピザ窯には夢があります
実は私も昔々、庭に小さな、レンガのピザ窯を作りました
最悪でした、火を起こすのも、維持するのも
二度とやるまいと誓ったものです
中目黒の、ピザ窯を売りにするレストランで話をしたことがあります
イタリアからピザ釜を輸入し、大きいので店の入口を壊して据え付け、排煙装置を付けて、消防署の認可を取り、ナラ材を調達する
夜も温度を下げないよう、弱火だが夜通し窯を熱する
大変を通り越し、東京は何かおかしい・・・
これでピザか、これがピザか、と
(私は内心、東京は終っているのでは、と思う事があります
地方では、起業のチャンスが、低いハードルで、努力次第では生まれつつあるように思います)
 
[薪ストーブ]
これらを皆々解決する夢のような方法を、私は考案し成功しました、ノブヒェン窯です
きっかけは、薪ストーブです
以前これで、ピザを焼こうとしました
これはこれで大変おいしく、この文章の中に現れる方法の内で最高かもと思います
欠点はストーブの季節限定バージョンであり、ストーブでは割と小ぶりな物しか焼けない事と、ピザストーン予熱の面倒な二段調理、でしょうか
 
[ノブヒェンオーブン]
その時調べていて偶然知ったのが、ノブヒェン窯でした
本来は庭に竈を構築するもので、大仕掛けになります
私はロケットストーブがあるので、これで代用します
ただそのロケットストーブも、屋外だし、火起こしも、片付けも、面倒です
その時、庭の竈でなくても、台所のガス台でいいのではないか、と思ったのが最初でした
シンプルな写真が、以下です

f:id:ondonpi:20181126133811j:plain

ガス台の五徳の上にこれだけの物を重ねます
右から、台網、20cmアルミ板、25cmアルミ板、30cm丸網、25cmのクッキングシート、つまみ付き32cmボウル、です
勿論クッキングシートにピザを乗せます

f:id:ondonpi:20181126133856j:plain

ガス台の上に乗ったノブヒェン装置です

f:id:ondonpi:20181126133930j:plain

 
アルミ板小は、ガス火が直接当たる部分を調節するのが目的です
30cm丸網は、ピザが直にアルミ板に触れるのを調節するのが目的です
25cmアルミ板の上に、32cmボウルをかぶせると、その周辺には3.5cmの隙間ができます
その隙間から回り込んだ熱が、ボウルに充満し、オーブン状態になる、これがノブヒェンオーブンの原理です
調節部分は多々あります
20cmアルミ板、25cmアルミ板、32cmボウル、スペーサーとしての丸網、これらの調節とバランスは決まる迄、試行錯誤して下さい
その実験は毎回ピザでは勿体ないので、焼き餅でOKです、じきに焼きの感覚はつかめます
私はこの他に、30cm鉄板、35cmボウルも持っています

f:id:ondonpi:20181126134019j:plain

 
[トマトソース]
ピザがいまいち億劫なのは、トマトソースではないでしょうか
これを作る、事前の、余分な、ひと手間が、鬱陶しいのではありませんか
トマトケチャップでは、毒々しい味になります
私は450ccの広口瓶で解決しました
にんにく、玉ねぎ、人参、トマト缶一本、を煮詰めれば、丁度これに入ります
これでピザと、スパゲッティロッソと、ラザニアの、ハイご予約済、ありがとうございま〜す

f:id:ondonpi:20181126134109j:plain

 
[ピザ玉]
最後ですが、ピザ玉です
これを長らく手ごねで作っていましたが、つい最近、ホームベーカリーになりました
手も汚れず、力も要らず、服が粉だらけにもならず、ずっと楽なのは勿論ですが、肌と生地がなめらかに仕上がるのです
 
[他にも便利なノブヒェン窯]
「餅」「トースト」「 ピザトースト」はオーブントースターと同じ要領で焼けます
(トースターやオーブンが無ければ、電気の基本アンペアは10アンペアに落として節約できますよ)
「ラザニア」も勿論OKです
そして有り難いのは「魚」です
ガス台のロースター、これは大きいので使用後の洗い、私は大嫌いでした
「二枚や三枚におろしたサバ」なら、フライパンで焼いた方がずっと楽です
ノブヒェン窯ならオーブンシートだけで、そのフライパンの洗いさえありません
「ブリのカマ」に至っては、大きいのでガス台ロースターに入りません、或いは火に近すぎて焼けません
フライパンでも分厚すぎて、焼けません
その為だけに、七輪を買ったのですが、これはこれで地獄(?)です
これがノブヒェン窯で焼けたのは、本当に助かります

f:id:ondonpi:20181229160456j:plain

その味も蒸し味ではなく、おいしい焼き味に仕上がります
そして驚きは、「ベイクドチーズケーキ」です

f:id:ondonpi:20190117143918j:plainほらこんなに

でもこれは最初なので、ちょっと焼き過ぎですね

この調子で、シフォンやパウンド・・・、楽しみです

火力調節と、炎が当たる所のスペーサー有無、アルミ板の上の網のスペーサー有無、これらを好みで好きなように調整してください、色んなバリエーションが楽しめます