ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

チーズのウソホント、チーズフォンデュで

私は、醗酵食品が好き
自前の糠漬けや浅漬けは、毎日サラダ状態
今は魚の粕漬けと麹漬け、旅先でたまたま知ったその旨さに仰天中且つ、勉強中
ヨーロッパの醗酵食品、チーズやバターも、動物性なのによくぞ、と感心脱帽
(ちなみにヨーグルトは既に自作製造、成功)
これを、ホームベーカリーの焼き立てパンや、熱いトーストに乗せ、蜂蜜で食べれば、飽きる事がない
そんな訳でナチュラルチーズは、1kg袋で買う
ただ「1kg袋」となると扱う店は少なく、これが悩み
 

f:id:ondonpi:20190824091822j:plain

 

そのナチュラルチーズ、これで作るフォンデュは手軽だし、大好きだ
人参、じゃが芋、パプリカ、ブロッコリー、肉(ベーコン)、パンなど適宜、蒸し、炒め、焼きの下処理後、温めた牛乳やトマトソースにチーズを溶かし、これらを浸けて食べる
 
その時、気が付いた事がある
同じナチュラルチーズでも、ミルクに溶けるチーズと、ゴロリと固まり溶けないチーズがある
溶けないフォンデュは、ホントまずい
この違いは切実で、悩んでしまった
そんなある時、賞味期限を見ようと裏返してビックリ、そこに「原産国名、オランダドイツ」と書いてあった
これは溶けるチーズだった
さてはと思い、溶けなかったナチュラルチーズ1kg袋を買った、別の店へ走った
そこの袋の裏には、賞味期限は書いてあったが、原産国名の表示は無かった
日本製なのだ・・・

f:id:ondonpi:20190824091847j:plain

 
これは、たまたまでは無い
と言うのは別の土地へ行った時、やはりナチュラルチーズ「1kg袋」で苦労し、当地のスーパーを探し回った事がある
そこで見つけた「原産国名、ドイツ」は溶け、他店の無表示の物は溶けない、まずいフォンデュだった
 
日本の食品は安全安心、これは嘘ッパチだ
スーパーにある99パーセントのビニール包装された食品、それは当然工場産生食品を意味する
そしてこれらの食品には皆、食品添加物や防腐剤がタップリ入っている
腐ったら新聞に出、会社が潰れるからだ
添加物が入っていないのは泥のついた、ダイコン、ニンジン・・・、だけだ
自分のアトピーで、それは以前から知っていたが、ナチュラルチーズまでも、日本メーカーはニセモノだったとは・・・
言うまでもないがプロセスチーズ、あれは問題外、薬品の乳化剤タップリの悪魔の食品だ
なぜ普通のチーズ、昔ながらのチーズを作らないのだろう?
なぜ何十種類も添加物を混ぜ、手間ひまかけて毒に変えるのだろう?
私のアトピーは、ブロイラーとプロセスチーズ、これが一番激しく、吹き出す