ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

冷え性と、風呂と、こたつ

「風呂であったまる」は当然、だと人は思う
確かに冬の外仕事は、芯まで冷える
その「芯」が風呂で、これまた「ゾクッ」と震えてあったまる、嬉しく幸せな瞬間だ
 
問題は風呂上がりだ
体はあったまっているだろうか?
風呂で風邪をひいた経験は無いだろうか?
或は風邪をひいてる時の風呂は、悪化するのではと身構える、私だけだろうか?
 
私は樺島氏の禅体操を日課にしているが、その足上げ、体が冷えている時は、足がつる
それが風呂後でも、つるのだ
つまり私は思う、風呂はあったまるが、風呂後は冷える、と
強力な援軍がいる、稲垣えみこ氏だ
氏は冷え性で、「家風呂は冷える、銭湯はあったまる」、と
やはりそうなのだ・・・

f:id:ondonpi:20190119093649j:plain

 さてこれの回復、実は簡単だ

炬燵だ
ただ電気炬燵ではだめで、ファンヒーターからダクトを引き入れた炬燵、これがいい
足を温めて、体を「お燗」する感じになる
今年で二回目の冬になる
 
年取って、突然始まった冷え性
一晩に最高七回の夜トイレも、朝までぐっすり
(因みに頻尿、医者でも漢方でも、治りません!)
若い時には体がほてり、冬でも布団から足を出して寝付いた私
思いもしなかった・・・
 
あともう一つ、腰風呂をトライしようと思っている
汗をかかない特異体質のある人が言っていた、唯一汗をかけるのが腰風呂だった、と