ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

農業の生産性

以前、納豆を作った
自分で作って、わくわくした
大豆を煮て、納豆1パックを混ぜ、温箱で2昼夜
f:id:ondonpi:20210322093651j:plain
本当に出来た!
びっくりし、感動し、たくさん食べた
他にも、味噌、どぶろく、糠漬け、梅干、ヨーグルト、パン、ピザなど、製作費タダのこの温箱でたくさん作った
毎日が楽しくて、たまらなかった・・・
(今でも一つ意味があると思うのは、生きる実感であり、自分の足裏がどこに着いているか、生まれて初めて知った幸せだった)

続きを読む

確定申告、営農、賃貸、労働者、会社

確定申告で驚いた
米収入だとばかり思っていた農家収入が、営農への土地の賃貸料だと知った
従って確定申告書には、賃貸欄に記入した
ちなみにその賃貸だが、これは営農に貸すのではなく、県の公的機関に預け、これを営農が又借りする、という構造になっている
つまり農業の崩壊を防ぐ工作が、ここでも施されているのが分かる
当然営農の存在自体も、調べれば農林省なのだろうと確信する
f:id:ondonpi:20210321074431j:plain

続きを読む

嬉しい丹沢、再度

嬉しい丹沢、今年二回目

f:id:ondonpi:20210213093745j:plain
ここは一本松の平、大倉尾根の二番目の平坦
(写真だけ見ると、ヨーロッパみたいですね)
ちなみに一番目の平が、雑事場平
三番目の平が、堀山手前
四番目の平が、天神尾根分岐の小草平
五番目の平が、花立山
最後の平が、塔ノ岳
(急登と平坦が交互、懐かしい大倉尾根です・・・)

続きを読む

山は、楽し

丹沢塔ノ岳は表尾根、楽しかったです、久しぶりです
 
かつて十年余にわたり通いつめた丹沢、ここ十年ほどは畑にかまけ、ごぶさたでした
体力、筋力が落ちている筈で、不安でした
だめな時点で引き返えせばいいと、だましだましのスタートです
 
ヤビツ峠を過ぎ菩提峠に車を止めます、8時前でしたがもう30〜40台がびっしり
日本武尊の足跡を通過、二ノ塔から三ノ塔へはすぐでしたが、逆にもう忘れているのだなと思います
 
その三ノ塔の避難小屋、立派になっていてびっくり、両側の窓にテーブルと椅子、部屋中央にもテーブルと椅子、オシャレ〜、日本一〜
建材もやはり進歩していますね、普通住宅もそうですが木材から新建材の移行期に見られた安物感、違和感が無くなりました、勿論耐震性耐久性に優れます
 
次いで烏尾行者ガ岳へ
この行者ガ岳の痩せ尾根、鎖場が三回連続し、圧巻のポイントです
一番最初知らずにここへ来た時、怖くて地べたに貼り付いたものです
 
それも今はすんなり通過、それより次の政次郎の頭、こちらの痩せ尾根の方が、今回は恐怖感高度感を感じます、特に降りる時

バブル、バブルと・・・

令和2年はコロナで始まり、コロナで終わった

評論家は最初、大騒ぎし景気悪化を叫んだ
ところが不思議な事に株が上がりだしたら、今度はバブルだ、バブルだと言い出した
そして今は、金融緩和だから、株は先を見るからだ、と言い始めた

f:id:ondonpi:20200317144748j:plain

私は実は、年初の1月2月の時点で、V字回復を確信した
会社や生産能力に何の瑕疵も損傷も無いから、そう思った訳だった
(一番極端な逆の例は、太平洋戦争だ、空爆で工場が灰燼になっていた)
くれぐれも、返す返すも、評論家や学者の感性は、別世界、宇宙人の思いがする
経済だけでは無い、本ブログにもアップしたが、日本古代史を考えた時も、現代医学と医療を考えた時も、同じ思いをしている


ただ一つ、彼らの言葉の一つ「バブル」に付いては、私も雰囲気以上の考えはなかった事に気が付いたので、今回改めて考えてみた
あなたは、好景気の株価と、バブルの株価、どう区別ができますか?、と

続きを読む

ジャケットポテト、ノブヒェン窯で

なまくら者の、なまくら料理、製作費ゼロ円のノブヒェン窯で

その意味では、一つスジが通っているかな?

f:id:ondonpi:20201024135004j:plain

左のフライパンで、じゃが芋を蒸し煮中・・・

右はノブヒェン窯の下部構造

下に直火よけのアルミ円板、

台網(コンロの場合は不要かな)、

そして下火が強すぎるので調整用のカワラケ(これは欠けた植木鉢の破片、それをサンダーで角を落としたもの)

続きを読む

イギリス人と、欲と、ロスチャイルドと、太平洋戦争と

[イギリス]
ふとしたことから、急にイギリスへ行きたくなった
母が去年三か月入院して筋肉が失われ、今年四か月入院して脳が失われた
米寿の予定は吹っ飛んだ、やってもお通夜のような会食になる
その時訳もなく、自分は何で日本にいるんだろ、と思った
胸が焼けるように、イギリスに行きたくなった

f:id:ondonpi:20200317144748j:plain

そんな折、人に言われた「どこがいいんだ、イギリスの」と
その時は景色や風景のことを言ったが、翌日から考え出した、不思議だなと
ぼんやり浮かんだのは、欲を認める文化ではないか、と
自分に欲があるように人にも欲がある、そのせめぎあいの中間を妥協というのでは、と
これがイギリスの経験論であり、保守主義ではないか、と
この欲、人間の本性なのだが、これを真ん中に、優先し、直視する人は意外と少ない
殆どは、正義と思って行動しているが、客観的に見れば、成り行き、感情、好悪、自我の事が多い
よくよく見ればそれらは自分の欲で、他人の欲が視界にも計算にも入っていない
欲ではないのか、イギリス人と他を分けるのは?、と
欲を閉ざされると人は、やはり駄目かと諦める
正義を閉ざされると人は、憎しみに狂う
欲を客観視できる人とできない人の、道と運命はここで分かれる
これがイギリス人では、とぼんやり浮かんだ

心の師匠、菌ちゃんふぁーむ

私の心の師匠、菌ちゃんふぁーむ、最初のトライです
 
この日の為に、漬物桶に、貴重な野菜くずを、米糠をまぶして毎日加えました
漬物と同じ、かぐわしい香りが立ちのぼり、いよいよ期待はふくらみます
 
さて当日です
木枠を囲み、

私でもできた、ユーザー車検!

若い時からやろうやろうと思っていた、ユーザー車検、ついにできた、感無量!
半年前に、検査場に行き、パンフレットを貰った
書類アレルギーで、書類が大嫌いな私、読みもせず、半年たった
車検満了の2週間前、再度車検場に行き、またパンフレットを貰った
とても理解できるとは思えず、ネットをあさった
分かるかと思ったら、その情報多すぎて、余計分からなくなった、と言うか読む気にならないのだ、私という人間は
 
ついに意を決し、1週間前に急遽、突撃方法に変えた
車検場のお姉さんにどうしたらいいのか?、貰った書類に何を書けばいいのか?、聞いた
必要な書類は六種類、記入は名前と住所だけのようだった
けれども、何か分からないが、本当かしらと言う不安は消えなかった
これは後述し、先ず書類を説明する
 
ダッシュボードの中には、次の三種の書類が必ずある、ほぼ説明不要だろう
写真はボケているがどうでもいい、何であるかを知るのが目的だ
1.車検証

自然農法、長い歴史に幕

長かった・・・
もう40年だろうか・・・

あの時は添加物の事や、野菜の滋味劣化の事、誰も言わなかった
学者や評論家は、近代農業と大規模化と機械化、そして農薬と化学肥料と食品添加物を礼賛した

f:id:ondonpi:20200613184542j:plain

驚くのは、農薬と化学肥料が普及する10年程も前に、それを学者が褒めそやし始める10年程も前に、近代農業が生まれてもいない敗戦前夜のその時に、その間違いに気がついた人が現れた事だっだ
その名を、福岡正信と言う
四無主義を引っさげて、現れた
無耕起、無除草、無肥料、無農薬だった
山は、誰も耕さず、誰も草を刈らず、誰も肥料をやらず、誰も農薬をやらない
それであんなに繁茂し豊かなのは何故か、と

続きを読む

コロナと、大東亜戦争

昔から分からなかった疑問、
どうしても分からなかった疑問、
これが今回のコロナ騒ぎで、ハハンと思った
私のブログ、いつも長いが今回は短いゾ

朝日新聞はその昔、戦争鼓舞の記事を書きまくり、戦争を煽り、喝采を受け、販売部数がトップに躍り出て、不動の大新聞にのし上がった
この事、ご存知だろうか?

続きを読む

車中泊、軽四改造計画、そして完成

車中泊は、自由で楽しい
以前何も知らず、やった事がある
登山の前日麓に着けて一泊の、早朝スタートだ
フロアは波打っているので、あらかじめ薄ベニアを前後左右に、4枚敷いた
これは良かったが、その同じフロアでする調理は、激しい違和感があった、汚らしくなるのだ
調理する場所と、生活とベッド空間は、必ず別にしなければならないと知った
もう一つそのフロアが、二三日とはいえ、料理と生活品で溢れかえり、自分ながら嫌でたまらなかった
つまり収納の問題なのだが、これが長く分からず今日に至った
そんな折見つけたのが、次のサイト
あっと驚く床下収納、の発見だった
[床とルーフバー]
http://watagumohuwahuwa.blog.fc2.com/blog-entry-726.html
[ルーフバー]
http://syomutei.blog120.fc2.com/blog-entry-1033.html
[高床ベッド]
http://sabitetsujin.web.fc2.com/12/every/bed.html
彼らはルーフバーもしつらえている
これも深く納得する
半乾きの物など、他の物と一緒に出来ないからだ
図はそれを参考にした、自分の軽四の構想図
後ろから見て、右が床下収納の高床ベッド
左が食器食料の収穫コンテナ四連と、テーブル
あ、言い忘れましたが、大きい車は、後部座席を倒してもフラットにはなりません
f:id:ondonpi:20200412144237j:plain

続きを読む

悪魔の、食品添加物

突然のアトピー、医者も分からず、10年悩み、悪魔の食品添加物に行き着きました
今は食品添加物の味や濃度も段々、舌で感じ取れるようになりました
そんな折見つけた、渡辺雄二氏の「食べてはいけない添加物、食べてもいい添加物」
結果は概ね私と同じでしたが、プロの目は細かいですね


先ず食品添加物は、食品により多寡があり、氏はこれを分類します、多い物、少ない物、そして含まれていない物、と
私はビニール包装は全部だめと思っていたので、添加物フリーも少ないが存在していて、驚きました
逆に私は昔からある干物や乾物は、添加物を加える必要は無いと思っていましたが、煮干しや梅干しやたくあんにはたっぷり含まれていました
そんな訳で氏のリストを、そのままでは分かりにくいので、これを食品別にグループ分けして、私の気付きも記します
f:id:ondonpi:20200320102646j:plain

続きを読む

お金って何?、借金の証文!

[お金とは]
お金って何だろう?、と何度も思った
いつも分からずじまいになった
昔は貝だったとか、金(きん)だったとか言うが、私の知りたい事は、そこら辺ではないようだ

お金は信用だ、と言う説がもっともそれらしい予感はするのだが、ではそれはどうしてと突っ込むと、答えてくれる人はいない
そんな折夢を見た、中々説得力のある夢だったので、以下に記してみたい
f:id:ondonpi:20200317144748j:plain

続きを読む