ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

こたつ、頻尿解決、感謝感激

去年の冬から始まった私の頻尿、ようやく最終解決した
こたつだ
 
こたつが無ければ、台でいい
わざわざこたつがけを、買わなくていい
それに毛布を掛ける
毛布では暖気が漏れるが、一向に構わない
それで部屋も温まる、熱源は一つ
図では汚れ防止に、風呂敷を掛けた
こたつ用のテーブルトップは重く、部屋掃除が億劫になるし、時には危険だ
電気は温まらないし、500Wだから半日で¥125、ロクなもんじゃない

f:id:ondonpi:20190119093649j:plain

マグロのカマ焼き、ノブヒェン窯

私のノブヒェン窯
台網、アルミ板、スペーサーの網、
そしてクッキングシートの上には、巨大なマグロのカマ
(因みに大きく厚いので、ガスコンロの魚焼きグリルでは天火が直に当たりますし、フライパンでは厚すぎて美味く焼けませんし、七輪はやはり面倒です)
勿論、あらかじめ塩を振り、臭みと汁を出しておきます
で、蓋をして弱火、これが見事成功!
軽く醤油を掛けて、美味しく頂きます
蒸し味にはなりません
焦げ目の香ばしさが欲しければ、スペーサー網を外します

f:id:ondonpi:20181229160456j:plain

餅、成功
トースト、成功
ピザ、成功
フランスパン、成功
ラザニア、成功
これに、ブリのカマが加わりました
 

「邪馬台国は熊本県」に追加

以下を、前のブログ「邪馬台国熊本県、伊藤雅文氏」に追加します

f:id:ondonpi:20180222144449j:plain

3のおまけ)
さて魏志倭人伝には「邪馬台国は会稽東治の東」と事もなげに記されている
私は不思議に思う、全行程万ニ千里と共に、学者は何故これを言わないのか、と

頻尿と、冷えと、代謝

歯医者へ行った
その歯医者、上手で痛くない
でもそこは遠く、バイクで往復半日仕事
それは良いのだが、バイクは冷える
今季最大の寒波に加え、帰りは冷たい雨だった
さっそくこたつで温まったが、その夜しっかり三回の夜トイレ

f:id:ondonpi:20181219140645j:plain

バイオトイレ、次のステップ

[気違い沙汰の上下水道]
バイオトイレ、最初に聞いたのはいつだったろうか?
もう二十年ほど経つのではないだろうか
本能的に直感した、これこそが本来の!、と

f:id:ondonpi:20181217163903j:plain

日本全国津々浦々の、一億のお尻に、配管をめぐらす上下水道
これは気違い沙汰ではないだろうか?

おいしい、おいしい、ポトフ

ポトフは、どんなイメージでしょうか
フランス料理、おしゃれ、おいしそう・・・などでしょうか
私も昔、ポトフをご馳走になった事があり、おいしかった記憶があります

柿の木、ズンド(寸胴)型

街を散歩していたら、すごい物が飛び込んで来た
柿の木の、ズンド型だ
先ずここで、柿の木はズンド型に剪定してはならない、という固定観念が吹っ飛んだ
しかも枝を四方に配りながら上昇し、形がいい
ズンド型は不格好と決まっているが、大したものだ

f:id:ondonpi:20181125184307j:plain

おいしい、おでん

おいしいおでん、私は家でも親戚でも食べたことがありません
単純に茹でて味付けすれば、あっさり失敗します
不思議な事にクックパッドも幾つかトライしましたが、まずかった・・・ですね
実はこれ、ポトフでも、筑前煮でも、ブイヤベースでも、肉じゃがでも、同じ問題が横たわっています
店のおいしいおでん、これは長く私の夢でした

f:id:ondonpi:20181124194319j:plain

ヨガ、瞑想、小脳

[お岩さん]
2017年の春まだき頃、籾殻燻炭を作った
その頃から、右まぶたがぽってりはれて来た
どんどん広がり、顔半分が葡萄の房を貼り付けたようになった
眼がとび出した
その形相、お岩さんそのものだった
(後で思ったが、お岩さんは脳腫瘍だと思う
その症状、私とそっくりだ) 

f:id:ondonpi:20181101191837j:plain

続きを読む

頻尿と冷え性と、ぬか漬け?

頻尿など、年寄りじみた話で、心苦しいのですが・・・、恥をしのいで申し上げます
私、頻尿が治ったのです!
ハイ、ケロリと治ったのです
嬉しいと同時に、不思議でたまりません

f:id:ondonpi:20180915085049j:plain

資本主義の外へ、そして中へ

[自給自足]
自給自足にあこがれた
自分の事を自分で、これは気持ちの良い事だ
勿論米も肉も調味料も作れないのだが、田舎に住み畑を耕し野菜を育てた
気分は充分「自給自足」だった
ただこの時点では、種から芽が出て驚き、実をかじって喜び、感動するばかりで、それに要したお金の事は考えていなかったように思う

f:id:ondonpi:20181007072744j:plain