ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

佐々井秀嶺、一向一揆、大乗仏教

佐々井秀嶺という人がいる、ネットニュースで知った
破天荒な性格で、日本の仏教界に住めず、タイに行くも問題を起こし、逃げるようにインドに
問題は、そのインドではまり、今はインド仏教の頂点に立ったのだ、日本人でありながら
インドでは少数派の仏教徒、その信者を爆発的に増やしたのだ
f:id:ondonpi:20171017122110j:plain
インドのカースト制、廃止が叫ばれ法律も出来たが、変わらない
バラモンクシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラは教わった事がある
実はその下に不可触賎民、アウトカーストがある
佐々井秀嶺氏が広めた階層は、これらの人達だった
仏教は、人は平等と教える
ただそれだけでは、人は改宗しない
氏は、アウトカーストから抜け出すのに、教育の重要性を説き学校を作り、人をカーストから世に送った
これを見た不可触賎民は、そこに希望と未来と自由を見たのだ
仏教が一挙に広まった

さて、一向一揆
一言で言えば、一向一揆がこれと同じだったのでは、と
社会制度の破壊であり、身分の対流現象が始まる、新しいイデオロギーだったのだ
鎌倉仏教は、燎原の火となり、たちまち一国を総なめした

もう一つ、大乗仏教
これも同じだったろうと思う
仏教はブッダを離れ、国政となり身分制度となった
これに対する周辺民族の反発が、大乗仏教
大乗仏典は皆、仏弟子の否定がテーマになっている
そして、社会運動、社会改革のイデオロギーとなった

あっという間、初めての店

朝に通りかかった奥さんに、声かけた
午後に、店を開くよ、と

3時にピンポンが
ま〜だ〜、と朝の奥さん
友達まで連れて来た

慌てて出した
目立つビーチパラソル
キャスター付の台に、メークイン、中玉トマト、ミニトマト
自作のA型看板
f:id:ondonpi:20170830180954j:plain
添え書きも、書いておいた
私はこれで、アトピーが治ったのだから
f:id:ondonpi:20170830181056j:plain
あっという間に、売れた
汗だく、汗だく、滝の汗
補充にてんてこ、脇目も振らず・・・
お金の勘定、そっちのけ・・・

宗教、瞑想、芸術

だんだん形を成して来たが、まだ言葉には遠い・・・
宗教の根幹の話であり、恐らくそれは一つなのだろうが、今の私は便宜的に二つに数えている

一つは宇宙の意思、とでも言うべきものだ
何故人間は存在しているのか、そもそも宇宙は何故存在しているのか、と言う問いだ
とても答の出るものではなく、存在の意志、宇宙の意思、としか思えない世界なのだ
言葉足らずの私だが、五木寛之氏にははっきりした言及があり、氏も信じているので、詳しくは氏の著作を

この方面に指向性が強いのは、キリスト教
総ては神の思し召しだし、天地創造も神だ
仏教は、無い訳ではないが、下記の瞑想に内包されている様に思われる
神道では、畏敬する自然がその役割を担っているのだろうが、極めて浅い

二つ目は、瞑想だ
キリスト教では、この方面は薄い
修道院で垣間見られるが、付随的だ
仏教では、ブッダに強力な指向性がある
これに比べれば、宇宙の意志は、瞑想からの演繹物、と云う雰囲気が漂う
大乗では、仏教をインド周辺民族に適合させるため諸要素を多く取り込み、その分瞑想は埋もれたが、引き継がれてはいる
念仏であり、座禅であり、題目であり、護摩行だ
既に瞑想と云う言葉が使われていない分、ぼやけてはいる

さてこの瞑想は小脳の行為なのだが、その小脳に訴える働きを為すのが、上述の座禅等々の他に、音楽や読経、絵画や掛軸、彫刻や仏像、荒行や修行がある
感動を伴い、小脳に快感と刺激を呼ぶ働きをしている

古代においては、芸術と宗教は不可分だったのではないだろうか?
芸術行為が即、宗教だったのではないだろうか?
芸術は、宗教から分離したのではないだろうか?
因みに現在、宗教から完全に分離独立したのは良かったが、その為方向を失い、盲滅法状態と、私には見える

さて、これを思い出させる事件が、去年起きた、ボブ・ディラン
ノーベル賞が決まったのに、当人は雲隠れした
授賞式にはメッセージを送り、当人は出席しなかった
そのメッセージで、芸術は感動だ、と言っている
感動は、小脳の本性、小脳の快感だと言っているのだ
ボブ・ディランの言う事、ボブ・ディランの心性、同感の念を禁じ得ない

片岡鶴太郎が、離婚

片岡鶴太郎が離婚との記事
芸人から始まり、ボクサー、画家、書家、そして今はヨガに傾倒し、内蔵筋迄動かせる、と

そこ迄突き詰める凝り性、気になる家庭は案の定、妻とは29歳から別居、60を迎え、子が独立し、今回の塾年離婚との事
へぇ〜、と思った、似ているのだ
勿論、私など遠く及ばないが

私は、別荘住まいをしている
田舎住まいは何から何まで、自分でやらなければならない
生産と工夫と、気付きの毎日
植えて育て、それを食べる充足感

一方都会の、金を消費するだけの生活は、私には飢餓感と焦燥感が深まるだけで、生きる実感も満足も無い
自宅には月数回、立ち寄る
庭の手入れだけで、すぐ帰る
人は不思議に思い、質問する
仕方なく答えるのだが、要領を得ない
自分は、おかしいのだろうか?

そう思っていたら、
気が付けば、二軒隣の家
そこのおじさん、家族と離れ、沖縄で一人暮らしだったと、つい最近知った
たまにふらりと、帰って来る
これも似ている、思わずほほえむ

スケールは桁違いだが、北大路魯山人も浮かぶ
傲岸、不遜、美食家、我が道を行き、6度の離婚
人生破綻者、人格破綻者ではあるが、やはり、似ている

そういう人は、居るのだ・・・

台所用天秤ばかり、自作した

台所用の秤、買いに行ったら結構高かった
それに、家にもかつて数台あったが皆壊れた印象がある
そこで、自作した
f:id:ondonpi:20170818190741j:plain
ハンガーに、左は網袋にナス、右は醤油のペットボトルの上を切り紐で吊るした
ペットボトルに、釣り合うまで水を入れ、その水をカップで量る
今回は、凡そ2カップ弱、350gと見た

ナスの漬物、キュウリ、たくあん、ラッキョウの漬物や、梅干、梅酒など、皆々その塩や砂糖の分量で失敗して来た
そこで今回の決心に至る事となった

教育は、人質

定年になり、別荘に住み、畑を耕していたら、見えてくる事が幾つかあった
最初に気が付いたのは、そもそも何で働いていたのか、だ

今迄、働き、金を得るのは義務とも当然とも思っていたが、とんでもない間違いだった
自分で畑を耕していれば、生きていけるのだ!
では何故働いたか?
子供を学校にやる為だった、と気が付いた

明治政府は、それまでは現物納付の年貢を、金納の税金に変えた
もう一つ、教育を義務化した
その教育も金であり、物納は出来ない
これで当時国民の九割の、農民の生活が根本から激変した
一揆が江戸時代より増えたのは当然だろう

早く言えば、子供を人質にとり、農民を貨幣経済にぶち込んだのだ
金以外の生活、金以外の自由度を奪い、国民を奴隷にしたのだ
美辞麗句は沢山用意された
四民平等、職業選択の自由・・・
それは確かだが、職業を選ばない自由が消えて無くなった

中央高速の八ヶ岳SAと、ヨーロッパ

中央高速はよく利用する
昼になり、八ヶ岳SAに寄った
意外と、初めてだった
その八ヶ岳SA、お洒落で吃驚した
f:id:ondonpi:20170810202128j:plain
乳製品の牛乳やヨーグルト、器も値段も雰囲気も見た事が無い、高級感ありあり
ソーセージやベーコンも、ひと目で分かる本物志向
パン屋さんも有り、そこで焼いたところの、焼き立てだった
それが各種乳製品の隣で、違和感が無い
食堂のメニューも驚いた
一品一品に、他には無い工夫とプラスアルファと酪農の作法が感じられる

一瞬、農耕民族から酪農民族にタイムスリップの幻覚をおぼえた
因みに似たような記憶は、道の駅朝霧高原でも感じた事があった

ヨーロッパは何故あの様な文化となり、日本や東洋は何故このような文化になったか、私は長く分からないでいる
様々な意見は知っている
最たる物は、狩猟民族と農耕民族の、論法だ
だがこれで細部まで、納得できる人は居るだろうか?
遊牧民族のモンゴル人は、ヨーロッパ人にはならなかった
一衣帯水のアラブ人もインド人も、ヨーロッパ人にはならなかった

ふと、思ったのだ
狩猟民族と言わず、酪農民族と言えばよりスンナリ通ったのでは、と
これから先ず、食生活が説明できる
箸よりナイフとフォーク、煮る蒸すより焼く炒める・・・
考え方は、人間が管理可能な酪農の自然、対する、暴威と猛威に怯える理不尽な自然・・・
そして文化と文明が、その上に立ち出せば・・・、と

仏教は、宗教ではない!?

以前のブログで、一向一揆を書いた
http://ondonpi.hatenablog.com/entry/2016/11/07/071700
これは、日本で土着化した仏教が、歴史のひとコマで放った光芒を、垣間見たものだった
f:id:ondonpi:20170810172247j:plain
今回は、そもそもブッダが考えた事、やろうとした事に付いて、考えたい
と、言うのは、年を取り、最近ブッダが分かるような気がしている

加齢に伴う体の不調とその対応で、行き着いたのは樺島勝徳氏の禅体操だった
これで、50才手前の腰痛、肩痛、膝痛、踝痛、片頭痛はおろか、花粉症まで治った
因みに私のブログはこれで始まっている
有難かったのは勿論、それ以上に驚いた
それ迄、近くの医者、接骨院、大学病院に至る迄、何の効果も無かったからだ
そしてこの禅体操、加えて即効性があった
始めたのは去る大晦日の晩だったが、2週間程で効き出し痛みが無くなり、1ヶ月後の2月の花粉症は症状が出なかった

さてこれがブッダと係るのは、この禅体操がインナーマッスルの矯正と鍛錬になっていると気がついたからだ
ブッダ仏教の前に、ヨガの行者だ
私見では、ヨガとはインナーマッスルだと思う

この方面を多量に受け継いでいるのは禅宗
樺島氏の偉い所は、只座禅では無く、自分で考え、身体各部のインナーマッスル其々を鍛える、一連の体操セットを考案した事だろう
ブッダは若い頃、ヨガに没頭している

次のブッダとの接点は、つい最近起きた
早とちりだったが私は、ガン宣告を受けた、脳腫瘍だった
病院の廊下で、隠れて泣いた
その1ヶ月間、私は本当に死を覚悟した
通帳を一つにし、公共料金は引き落としから納付に、各権利書を息子に引き継ぎ、年金は遺族年金を調べ家族の生計を思いやった

で、それで憂いは晴れたか?
否、本当の葛藤はこれから始まった・・・
胸が焼け、胸を掻きむしり、息ができない
激しい心残りと悔悟の念だ
その時まではさほど考えた事も無かった、あれもこれもやりたい、あれもこれも見たい、つまり夢や理想を絶つ事が出来ないと言う、あせり、あせり、あせり、だった
これから逃れたい一心で、息絶え絶え、闇雲ながら、昔教わった瞑想をした
この時初めて、心がすうーっと落ち着いた、明鏡止水を得た

この時私は、大脳から小脳にトランスしたのだと思う
高貴な理想や夢は勿論、おぞましい憎しみや怨みや愛情、これらは皆、大脳の所産、空想物だと気が付いた
大脳はいつも激しく回転している
どちらが上か下か、大きいか小さいか、前か後ろか、貴いか卑しいか、得か損か
大脳の得意分野である
例えば上下を取ろう、自分が上、人が下と
たったこれだけでどれ程の憎しみが生まれる事か!
元々上下など無かったのだ、大脳がこさえた仮想空間、仮想現実なのだ
この大脳が作り上げた業火に、自分を焼いているのが人間だ、と気が付いた
だから大脳の無い動物には、此の手の苦しみはない
例えばワニ、背中を鳥が歩こうと、蛙が小便をしようと、目一つ動かさず岩と化す
所が餌が捕獲範囲内に入るや否や、ガバと一口、目にも止まらぬ一瞬劇
これが小脳である

ブッダはいつも、何をしているか?
あぐらをかき、手を組み、半眼で
それは、瞑想である
彼が言いたかったのは、瞑想だった
大脳はどれ程間違いを犯すか
それから逃れるのは、小脳しかないのだ、と
小脳の世界は、言葉で説明できない
言葉は、大脳の創作物だからだ
仏典は繰り返しばかりで、論理も筋道も、明快さも無いのはこの為だ

インナーマッスルの全ての神経は、小脳に収斂される
だからヨガでインナーマッスルを極めれば、当然小脳に至る
その小脳の禅体操、小脳のヨガ、これが瞑想だとブッダは気が付いたと思う

私は思わずに居られない
ブッダは宗教を始めたという認識は無かったのではないか、と
瞑想、即ち小脳の世界の真実を伝えたかったのでは、と

裏銀座縦走、マタギの夢の跡

f:id:ondonpi:20170730163032j:plain
裏銀座を縦走した
筋肉が締まり、血流と汗、最上の快感

ただ・・・
稜線歩き、なんぼのもの!?
景色は一等、見晴らし最高、その通りだが、それだけの物、生活ではない
つまり気晴らし、遊びだ
生活は森の緑と、沢の水にある

三俣山荘の本、黒部の山賊
森と沢を自由に生きたマタギたち
伊藤正一氏が切り取った、最後の自由人のきらめきだった

甘いコーヒー、完成

念願の甘いコーヒー、遂に完成、安定した!
何、難しい事は無い、85℃以下の湯で淹れれば、誰でも出来る

この温度を得るのも、難しく無い
鶴口ポットの湯が湧いたら、カップに注いで冷まし、ポットに戻せば85℃位になっている筈だ
カップも温められるし、一挙両得だ
f:id:ondonpi:20170702122507j:plain

コーヒーは奥が深いとか、専門店だの、プロだのと、辛気臭いイメージが先行するが、上の方法で、誰でも何時でも甘いコーヒーが安定して得られる

まとめれば五つになる
一つは銘柄で、苦いケニヤやキリマンジャロは避ける事
因みに甘い銘柄と云うのは無い

二つは焙煎で、苦い深煎りは避け、中煎りか浅煎りが良いと思う
またその煎りの均質性も重要で、豆の全部が均等に煎られている事は勿論、一粒の豆が、表面も芯も均等に煎られるのが理想だ
よくあるのは煎りが芯まで届かない事で、この時はコーヒーに青臭い味が混じる

三つは挽きだ
普通にミルで挽くと必ず微粉・パウダーが多量に混じる
この微粉が味の大敵、えぐみの元凶であり、これには長く悩まされた

プロペラ式も臼式もカッター式も、メーカーの高額な機種も、これから逃れられない
それがつい最近、さるStreamValleyと云う珈琲店で教えて貰った、ポーレックスの手挽きミルが良いと
図星だった、微粉が少なく、粗挽き、中挽き、細挽き共、粉と粒が揃う優れものだった

四つ目が最初に戻るが、湯の温度だった
85℃以下の湯で甘く、95℃以上の湯で苦くなるのが、今回の発見だった

五つ目は、淹れ方で、セオリー通りを守れば良い
蒸らし、高さを上げ、上下しながら高さを保つ
決してペーパーフィルターに、湯が掛からないように

長かった〜〜〜ぁ

アイヌと縄文と蘇我氏

うる覚えの記憶二つ、の話
しかし数ある説を乗り越えて、私の頭から離れない説二つ、の話である

一つはロシア人だったか、うる覚えだが、江戸時代後期に日本を探索したその手記に、本州を挟んで、沖縄とアイヌは似ている、と残している
小顔で丸顔、彫りが深く髭が濃い
対する本州人は大顔でのっぺり、胴長で毛が薄い、と

もう一つジャワ島だったか、まだらに分布する少数民族、小顔で丸顔、彫りが深く髭が濃い、その民族をテレビが特集していた
その示唆する所が、特異で記憶に残った
つまりアフリカで誕生した現人類、これの脱アフリカ、出アフリカだが、一様に連続したものではなく、波状で発生しており、ジャワの少数民族はその原初的な特質を持っている、と言うものである
それが、上で繰り返した、小顔丸顔云々なのだ
これが最近、私の中で結びついたのが今回の記事だ

と云うのは縄文人の出自が、昔から皆目見当がつかない、と云う恨みが通奏低音のように、私の心情の底辺にあった
「何故か分からないが、縄文人は最初から居た」と考えるしか無いのだ
これが最近ようやく判明した、スッキリした、と云う話
これに比べれば、以前のブログで記事にした出雲神話など可愛いものである
つまり縄文人朝鮮人が混血し出した弥生後期に、縄文系が勝利した物語に過ぎない

この縄文人とジャワ少数民族だが、似た民族が、実は他にも居るのである
シベリアやアメリカ大陸である
その共通点の一つは、アフリカから一番遠い端っこに集中している事だ
つまり後続の出アフリカ人に圧迫され、岸壁の瀬戸際に追い詰められた様相を呈して分布しているのである

もう一つ、誤解を恐れず言えば、その言語、共通して抱合語なのだ、或いはかつて抱合語だったのでは、と
印欧語は屈折語、ウラルアルタイ語膠着語、これらは言語学的に合理的で楽ちんな文法なのだ
つまり、語の語幹があり、語尾が変化して、語間の接続が示され、文が構成される
この変化さえ磨り減ったのが、孤立語の中国語だ
つまりこの抱合語は、最も原始的、原初的ではないかと思うのである

そしてドキッとするのは、日本語の文は、最下端の語が、上の語を一手に引き受け、下から包み上げるような入れ子構造を持っていると云う事だ、つまり抱合語の特性を持っているのだ
時枝氏もこの事に気が付いている

この抱合語、詳しくは言語学の本を見て戴くとして、私は縄文人イコールアイヌ人だと思っている
学者には、アイヌ人は白人と言う人も多いが、これでは問題が拡散するばかり、五里霧中となる
理由は、最も重要な単語、神とカムイが同源だし、関東以北の地名のあらかたはアイヌ語で解明されるからだ

それが明らかに膠着語である、現代の日本語に至る理由が、以下の推測である
弥生は急速に東漸したが、桜前線の様に進んだのではない
稲作は、東に低地湿地を求めて広がったが、近くの山々には縄文人が生活していた
つまり縄文のアイヌと弥生の朝鮮人は、桜前線ではなく、列島で斑模様を構成したのである
この時縄文人が徐々に、山から降りて里の生活に同化したのだと思う
だから先住民のアイヌ語は地名としては残ったが、生活は弥生を受け入れたので、弥生人膠着語に同化した、と思うのだ

地方創生

地方創生の掛け声はよく聞くが、成功しているとは思えない
地方と東京の問題を、深刻に善良に苦悶している人も多いのではないだろうか
その地方の収入、田圃の収入、何も知らなかったが、最近目が覚めた

米は反収8俵、単価は店頭で1.6万円として、反収金額は12.8万円となる
1町歩128万円、10町歩1280万円となる
1町歩は、昔の一家族の規模だ
贅沢や楽しみは何も無かったが、これで生きていた
10町歩とは、現在の一家族が、機械を駆使して出来る最大規模だろう
これを超えれば、会社規模となり従業員とその労賃が浮上する

ここから諸費用が引かれるが、最大は流通コストだろう
後は諸機械のローンや、肥料と農薬になる

過疎化は言われて久しいが、上の構造を知れば当然だと言える
現在の生活水準を求めるなら、一家族10町歩必要だが、実際は農家数は多かった昔と同じで、一家族1町歩所有している

私は、人が去るのは当然だと思うし、それを推奨したいとさえ思う
そして残った一家族が10町歩を持つ農業は、魅力的だとさえ思う

勿論、10町歩を越えて会社形態も良い
跡継ぎや二代目の問題が起きないし、給与サラリーマンは気楽でもある
漁業は既にそうなっている
農地法が無いからである
漁業組合が会社で、漁村の若者はそこのサラリーマンだ

地方創生は、これしか無いのではないか
これを直視しないで、脇道ばかりあげつらっているように見える
或いは東京の機能を地方に分散すべきと言うが、その人は東京に住み自分は例外と思っている

追記に近いが、上の議論は農地が広く、区画整理事業が完了し、機械化農業が可能な土地の話だ
中山間地では、この議論は成り立たない
ただ工夫次第だ
つまり最もマージンを奪われる流通経費をゼロにすべく、販売経路を自力で開拓出来れば成り立つ
具体的には、差別化に徹し、消費者の歓心を得る事だ、奇跡のりんごの様に
勿論その努力、スーパーマン級だ

美しき、麦秋

見渡す限りの麦畑、何と感動的だろう
f:id:ondonpi:20170607060844j:plain

感動したのは美しさの他に、二つ理由がある
以前麦を作りたいと言ったら、人に雀に喰われるよ、とあざ笑われた
ところがこの麦、その穂、手に取れば、何と立派でたわわな事か
あの言葉、雀は嘘だったと、嬉しさがジンとこみ上げて来た

もう一つ、この麦、休耕田の田圃に植えられている、と云う驚きだった
と云うのは以前、小麦やライ麦陸稲を試したのだが、それらは畑だった
その時この麦と云うのは、肥料喰いだと知り、震え上がった
つまり畑で育てれば、肥料買いの地獄に落ちる
そこを、水田を使うとは恐れ入った
水田は何故、大した肥料も与えず連作が出来るのか?、ご存知だろうか
山から来る水である
その水が様々な無機塩類、養分を運んで来るからである
脱帽した

ちなみに、もう一つ有り難いおまけがある
草対策だが、これは苗の時だけ世話をすれば、後は不思議な事に、麦の回りには草が生えないと云う事だ

柿の木の剪定

下は柿の木の写真だ
何が珍しいか?
実はこの木、70年ほど自然天然に育っていたのを、植木屋さんが強剪定し、2年かけて整枝し整形したものだ
f:id:ondonpi:20170607060221j:plain

昔々、ある植木屋さんが言っていた、柿を剪定なんかして、実は成るのか?、と
それ以来、柿は剪定してはいけないものとばかり思っていた

だから最初、太枝を強剪定されて、葉っぱも殆ど失い、げんこつを空に突き出した様な、無残で可愛そうな枝振りに絶句したものだった
この木はもう、実は成らないと諦めた

それが2年目、げんこつ枝から胴吹き芽、胴吹き枝が出、間引きされたのが写真だ
完全に、そして美しく復活した
二度驚いた

言うまでもないが、写真の柿は整枝が目的だから姿が良いのだが、採果を目的にして高枝を詰め横枝を伸ばし、縦よりも横幅を大きくする事も可能だ
f:id:ondonpi:20170607060245j:plain

畑と草

草は、畑の大問題だ
私の畑は7畝ほどで、家庭菜園より大きく、プロとは比較にならない、そんな規模の、草対策の話になる

最初、黒いビニールシートをかぶせたが、それでも草は生えてきて、ビニールを下から持ち上げる
その草取りはビニールを一々めくらねばならず、無い方がよっぽど楽だった
それ以来ビニールは使っていない
またそのビニールの始末にも困った
ゴミ出しで、拒否された

f:id:ondonpi:20170604213418j:plain
その草対策、ネットを探して、糸川式と言うのを知った
一言で言えば、畝表面や通路の草を平鍬ではつる事により、草を削るのだ
腰をかがめて長時間の草むしりより、立っての作業になりずっと楽だった

はつった草と土はチャーハン状となって通路にたまるので、これを必要に応じて鍬で畝に戻す
事実上の土寄せ作業になり、草取りと合わせて一挙両得とも言える

畝表面をはつる為には、畝に工夫が要る
畝には一列しか植えない、と言う事だ
そうすれば、その苗、その野菜の、両側の畝表面をはつる事ができる
さて細い畝に一列しか植えないのは不経済だから、この畝は二本一対のペア構造で作る
或いは、広い畝の中央に細い溝を切る、と言った見かけになる


この糸川式、大変便利で楽ちん、一反くらいなら一番いい草対策だと思う
加えてもう一つ、重要なメリットがある、肥料だ

私は化学肥料は使わない、虫や病気を呼ぶからだ
使えばその駆除の為に、今度は農薬を買わなければならない
肥料と農薬、この二つを買えば、野菜は店で買った方が安くなる
もう一つ、私は食品添加物や化学肥料や農薬の、アレルギー体質だ
畑をやりだした理由は、これもあった

さて糸川式の凄い所は、その方法、その作業過程の中で、草を肥料化しており、肥料をやる必要が無い、と言う事だ
これで、草取り、土寄せ、施肥と一石三鳥になろうか

私は畝はつり後、ある時そのチャーハン状の草と土を放置して置いたら、堆肥化している事に気が付いた
これを畝に戻せば、施肥となる訳だ
その時まで私は堆肥枠を作り、刈払機の草を集め、半年一年かけて、堆肥を作っていたが、やめた
この堆肥、集めるのも、一年かけるのも、畝に撒くのも重労働だが、これから開放された
以来、刈払機で出た草は、畝の通路に盛っている、それを踏んで歩いている

後、肥料関連では、籾殻勲炭を作っている、土壌の酸性化防止だ
私の畑は春になれば、ハコベオオイヌノフグリ、オドリコソウ、ホトケノザなどに厚く覆われる、これが自慢だ
因みに毎年石灰をやっていた人の畑を引き継いだが、次の年にはスギナがびっしり密生した、強酸性だ
石灰とはそんな物かと思った

もう一つ肥料としては、大豆を植えて回転させている、窒素肥料の為だ
あと足りないのはカルシウムかと思うが、いまの所名案がない・・・