読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

農作業と物置

畑を作りだすと、物置や作業小屋が欲しくなる 道具、収穫物、肥料等、家の中や納戸には、大き過ぎたり多過ぎたりで入らなくなるし、肥料など入れたくない物もある で、作った、お隣さんから貰った廃材だけで 一間の長さの細板だけで、4本の柱と上下の横板と…

籾殻燻炭のこつ

冬の風物詩、三年目だ 今回初めて、うまく行った、と思った 最初のコツは、風の無い日を選ぶ事だろう、風に籾殻が飛ばされる、当り前の話 次は、点火の工夫だ 枯木と新聞紙、これを土の上や、私の場合はトタン戸の上で着火するのだが、風があれば勿論、無く…

草取り、草削り

中央の棒の両側に、畝が2列ある 左側の畝は、春の草にびっしり覆われている 右側の畝は、平鍬で削り取られ、土が見えている よく見れば、 畝の天辺が残り、両側が削られている この畝2列とも、らっきょうが植えられ冬を越したのだが、春を迎えた今、このま…

芋洗

盥に、ジャガ芋や里芋を入れて、水を張ります そこに丁度の幅の板を刺し、揺すります 芋も多いと、一個一個洗うのは不可能になってきます 上の方法だと、腰を屈める事もなく、楽ちんです (もっと多い場合は、竹で編んだ樽に入れ、これを流れに浮かべて水車と…

堆肥枠

写真は、私の堆肥枠です これに、春夏の刈草や、秋の落ち葉や、毎日の残飯を入れます 半年したら、枠をスポンと抜いて横に置き、堆肥を移し天地返しをします 臭くはなりません 蓋も不要です と云うか、土地によっては、蓋をすると蛆が湧きます また良かれと…

丸太をチェーンソーで切る時の、馬

別荘の楽しみの一つ、薪ストーブだ 丸太を集め、チェーンソーで輪切りにし、斧で割る さて薪を地面に置いたのでは、チェーンソーは使えないから 台が必要になる、この台は馬と云う で、これを作った 少し凝って、ホゾと云うか、切り込みを入れた 人生初めて…

温室、乾燥、はさ掛け・・・

家庭菜園で自給していると、温室や乾燥室が欲しくなる 大豆や、ライ麦や、じゃが芋などなど、収穫後に乾燥させなければならない で、温室を作った、ご近所から貰った廃材だけで 材木の長さが180cmだったので、これでサイコロを作ったのだ 上の辺には多少の勾…

糸川式の草削り、追記

今日は4月の中頃、畝の草取り作業を、糸川式でやった 畝の草を、平鍬でハツって通路に落とし 次には通路の草をハツって、チャーハン状になった土と草を、畝に戻す 同時に土寄せ作業が、終わっている この時、畝を直したり高くしたりの、補修もできる ちなみ…

パラソルショップ

パラソルショップ、家の前に夢の開店 勿論、ただ!

初めての、ぼかし作り

まずは、野菜くずを乾燥させます 第一の悩みは、この乾燥度合いです 今回は、もたもたしていたら、カラカラに乾燥してしまいました 大きい物は、小さく切ります

楽チン草取り、簡単畝はつり、糸川式

今日は4月の中頃、畝にびっしり、ハコベの草削り作業を、糸川式でやった 畝の草を、平鍬ではつって通路に落とし 次には通路の草を削って、チャーハン状になった土と草を、畝に戻す この時、畝を直したり高くしたりの、補修もできる (この写真は、ビフォー)

籾殻薫炭、何度も失敗

籾殻薫炭、その威力を、今年の春、感動と共に知った 私の畝だけ、私の畑だけ、びっしりとハコベの絨毯に蔽われた よその畑は冬越しの枯れ畝、白骨死体に見えた もう一つ去年の事、籾殻薫炭を入れた畝と、まだ入れてない畝 両方で育ったジャガイモ、まるで違…