ondonpiのブログ

山と川の間に迷い込み、掘立小屋で自炊し、猫の額ほどの畑で自給し、大脳と小脳の世界に遊びます・・・

出来た!、餅が、ホームベーカリーで

出来た!、餅が

アトピーと糠漬け、腸内フローラ

冬に痒く春に治るのが通例だった私のアトピー、今年はそれが春以来ずっと痒い 気味が悪いのは、既に食品添加物は避けているし、赤嶺勝人氏はカルシウム不足を言うので、これを補っていたのだが、それでも治らなかった

糠床の水抜き

以前たくあんを漬けた

鳩よけはペットボトルで、忍法直播き苗床

大豆で困るのは鳩害だ 水糸を張るとか、麦と混植するとか、皆試したが、皆ダメだった そんな折、加藤義松氏の本に出ていた 大豆の鳩よけだが、大豆を畝に直植えしたら、ペットボトルを半切りしこれを被せる、と 早速鳩に喰われた所を、これで補植した ちなみ…

15歳で起業、武藤篤史

ラジオで紹介された武藤篤司氏 小学中学で不登校、15才で起業、高校はイギリス、今18才で、これから慶応大学に進むと

野菜いためは弱火で、水島弘史氏

「野菜いためは弱火でつくりなさい」 その本の驚きのタイトル、強烈に惹かれて買った 食い入るように読み、試した その結果は、長年の疑問や、自炊を始めてからの、料理のもやもやが晴れた 深い感動に浸っている

ホームベーカリー、礼賛!

食パンを焼いた、ホームベーカリー(HB)で 味など期待してなかったし、これを踏み台に最終的には、手で捏ね醗酵しパンケースとオーブンの方法に移るつもりだった それなのにホームベーカリーを先行したのは、パンケースの大きさ、一斤、一斤半、二斤の、どれ…

大豆の、鳩対策

大豆の鳩対策、畝に不織布を掛ける、と言う記事をネットに見つけた 早速、やりました

起業、それは諦めない事

不思議だ 60才65才を過ぎて、性欲から開放される そうすると世の中が、スケスケに見えてくる 最初、西洋医学が透けた 続いて、宗教も透けた 次いで、古代史が透けた また、日本とは何か、自分とは何か、その心の置き場所が分かって来、安心立命を得た そして…

納豆、成功

納豆、見事に、発酵に成功した 豆は二合、一晩浸せば五合に増える これを、煮る 暫くして指で潰せば二つに割れるが、これでは足りない これを越えて、グシャっと潰れる迄煮る ちなみに発酵すれば、少し固くなるから カモシコの器に移し、納豆1/4を混ぜる と…

草地に自生したアサツキ、叢生栽培のヒント

草地に、アサツキが自生していた ワケギか細葱かと見まがうほどに、太く長く力強かった 叢生栽培とはこういう物か、と驚いた ちなみに木村秋則氏も同じ事を言っている、近くに土手があるなら大根を植えてみろ、と 同じくその日は、毎年悩まされる畑周辺の草…

道志の春

何て、気持ちがいいんだろ! 道志の、春です

奇跡のリンゴ、杉山修一氏が解けば

奇跡のリンゴで有名な木村秋則氏の言う自然栽培、これの科学的な解説書を、杉山修一氏が著しました 私は自然栽培がどのような作業の過程か、具体的には知りません またこれに似たものに、福岡正信氏の自然農法、川口由一氏の自然農があり、その違いも分かり…

ネズミ退治

ネズミの事も、何も知らなかった最初はじゃが芋だった収穫したじゃが芋を、一斗缶に入れ部屋に置いたびっしり汗をかき、腐り始めたので、慌てて籠に入れたそれから数週間、天井裏でネズミの運動会が聞こえて来たじゃが芋は喰い散らされ、周りは糞だらけ、気…

喘息

最近暖かかくなり、夜中に汗ばんで、目が覚めた その後喘息が始まり、寝られなくなった 体全体で咳込むので、体力が奪われていく 苦しくて起きれば、体が痒い事に気が付いた トイレ束子で体を掻いた、掻き出すと痒い場所が広がり、体中くまなく掻いた そした…

狩猟民族、稲作民族、交易海洋民

日本は、どうしてこうなのか? 日本人はその心、どこに置けば安心立命するのか? 日本とは何か、こればかり考えて来た 本ブログでも「出雲神話」に分け入り、「丹後王国」をのぞき込み、天皇のルーツに迫った 日本とはと言っているが、実は自分の事だ 自分の心…

夜中、突然、呼吸困難

もう、10年程も前からだろうか? 3時間程で、誠に嫌な夢と共に、夜中に目が覚める 呼吸困難だ、死の恐怖だ 寝てられなくて、起きる 起きると、少し楽だ 外の空気を吸えば楽になるかと、冬の真夜中でも外に出る 人によっては、一晩中歩き回ると言うのもあるそ…

花粉症

花粉症の季節が来ました例年なら、立春と同時にやってくるのに、今年は寒く長い冬の後、一ヶ月遅れで珍しい事ですその分堰を切ったように襲い掛かってきました このブログの最初の頃に書いた、樺島勝徳氏の禅体操の記事、コンスタントに閲覧されて有り難い事…

邪馬台国は熊本県、伊藤雅文氏

古代に分け入り追っていけば、邪馬台国の 畿内説は荒唐無稽とすぐ分かる 確かに、魏志倭人伝と日本書紀しか読まなければ畿内説になる、とは思う その魏志倭人伝だが、伊藤雅文氏は、邪馬台国は熊本と、あっと驚く快刀乱麻、中国文献の読みの深さ広さを見せた…

七輪で焼き魚、新聞紙の火起こし、着火

焼き魚は、みんなどうしているのだろう? ガスコンロ付属の、天火だろうか? 最近は、上火だけでなく下火のあるのもある でも私はこれを、やらなくなった 受皿の器具、これが巨大で、その洗いが鬱陶しい ある友人は工夫し、魚の下にアルミホイルを敷き、これで…

稲垣えみ子、GDP、自給自足、DIY

稲垣えみ子と言う人がいる 生活を徹底的に断捨離する、ミニマリストと言うのだそうだ 電気が、月150円とか 掃除機、洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、電気オーブン、エアコン、皆使わない 及ばないが、自分と似ていると思ったそれを各所で講演した折、質…

日本書紀の小嘘と大嘘、皇統譜

以前のブログ「出雲神話は本当です」で皇統譜に言及した 初期の皇統譜15代迄は、日本誕生の動乱に関わった同時代の立役者、物部、出雲、尾張の王たちを、本来の横並びではなく縦に積み上げた物だ、と それはどうも、小嘘に気が付いただけの事だったようだそ…

焼き芋、すき焼鍋と河原の石とガラス蓋

ネットは嘘だ! ・電子レンジは、弱い300Wがおいしい ・トースターは、アルミホイルに包み10分間隔の間欠スイッチで60分が美味しい ・オーブンは、190℃で60分がおいしい みんな、嘘だった まずくて食べられた物では無かった 勿論初歩的な食べ方 ・茹でる ・蒸…

鉄鍋、ル・クルーゼ、ストウブ

アルミフライパンが古くなり、買い替えた その鉄フライパンには、驚いた きんぴらを作ったのだが、その美味しさ、何が起きたのかとびっくりした つまり素材の味がビンビン伝わりおいしく、調味料が邪魔だと感じた 次からは勿論、醤油味醂を半分にした 日本料…

消された縄文、丹後王国

割りと最近アップした記事「アイヌと縄文と蘇我氏」では、人類の「出アフリカ」から縄文人誕生への過程を試みました 出アフリカは、数万年〜数十万年に亘って波状的に発生し、ヨーロッパやアジアに広がりますこの波は大きく三度有った、と思われます 第一波は…

自然農法

[無除草] 草のことを述べたい 私は自然農法に憧れて、畑を始めた 無肥料、無農薬、無耕起、無除草は福岡正信氏の四無主義 虫や草を敵としない、は川口由一氏 最初にぶつかったのは草だった 次々に生え、一斉に生え、たちまちお手上げ状態になった 雑草は、強…

山芋、大好き

私は山芋が、大好き とろろご飯は、美味しい ただ山芋と長芋の区別がついているかと言うと怪しい 去年ホームセンターで長芋の種を買ってきた 植えたんだけれども、なんか小さくてしょぼく、そのうち消えてなくなった年が変わって今年、去年植えた所から芽が…

カスピ海ヨーグルト、味噌、納豆、どぶろく、葡萄酒の自給自足

自給自足は楽しい 春野菜、秋野菜、と作れるようになった 肉は買うしかないが、釣りなら昔からの趣味だ (田圃が無いので、米は買っているし、緑茶やコーヒー生豆も買っている)さて、 買物の常連に、味噌、納豆、ヨーグルトがある これらは日々の使用量は少な…

進化する世の中、専門化する世の中

著名な落合務氏、その店la bettolaは予約の取れない事で有名 それは知っていた、若くしてイタリアへ、偉い人が居るものだと ただ、それが身の回りの日常に迄迫っていたとは、知らなかった 自由が丘のイタリアン、la gita このシェフも都内有名各所イタリアン…

早稲田祭と、教育と、文明と

早稲田祭に行った 大ステージを埋めて広がる四五十人の踊り手、赤白黒の衣装がひるがえる、激しく、あざやかな踊り、そしてその音楽の洪水に、爺さんの私は感動のしっぱなしだった その見事さ、涙が出そうになった 名はあるのだろうか、後でネットを調べたら…